資産無しのリタイア生活 in 福岡

~20代男が綴る「現代清貧論」~

第3記事 ★ 経歴要約

過去編

子どもの頃

周りの人たちに対して働きかけるといよりも、

気の合う友達と過ごしたり、興味あることに没頭することが

好きでした。いわゆる、外向的ではなく内向的だったと思います。

小学校卒業の時に、尊敬する先生から頂いた言葉、

独特の感性を持っていて、自分独自のものを作り出すのが、とても上手でしたね。…(略)…自分で考えることが得意な~君だから、きっとこれからもいろんな場面で自分のやり方を工夫して、作り上げていけることと思います‼

は、これまでの僕をずっと支えてきてくれた大切な宝物です。

 

高校生の頃

いわゆる「勉強ができる偏差値の高い高校」に通いました。

小学校のメンバーがそのまま進学する中学校だったので、

「いろんな人と仲良くなって、自分の世界を広げたい!」と

希望で胸を膨らませながら、入学しました。

だけど、期待とは裏腹に、

クラスに蔓延るスクールカーストの在り方に

心底嫌気がさして、やりきれなかったです。

他人を排除したみみっちいグループ内で

凝り固まってしまう人間関係にどうも納得できませんでした。

「頭の良い人がやることなのか?」と思い続けていました。

そんなカーストを離れてグループに属さず生活した経験から、

「他人の目を気にしてビクビク過ごすくらいなら、

自分の好きなようにやっていこう」っていう考えが、

思春期の脳みそに深く刻まれたことは確かです。

 

高校卒業~2度目の就職

高校卒業後は大学へ進学。

在学中に超絶楽しかった留学を経験。

卒業後は結構大きめの会社に勤務。

でも、また留学したいと思い立ち、

1年経たずに退職して、再び留学。

留学中にコロナ騒動が勃発し、帰国するハメに。

無職になり、就職活動開始。

同時に旅行やアクティビティを楽しむ。

最終的には職業訓練に落ち着つく。

訓練修了後は関連業種の企業に就職。

 

「リタイア生活」の発見

そこの職場が自分にとってかなりのワーストでした。

職場での理不尽に苦しみながら、

家と職場の往復を繰り返す賃金奴隷生活を送る。

でも、だからこそ、そのおかげで、

「ミクさん、人生よよよさん、大原扁理さん」の生き方を

知ることができたのだと、今ならあの苦痛な日々にさえ

感謝の気持ちを持つことができます。

 

”経済奴隷”からの卒業

「国に税金、大家に家賃、メディアに脳みそ、そして、

会社に時間と体力と稼ぎ」を搾取されないリタイア生活

興味と憧れを持ち、情報収集を開始。

現在は無事にその職場を退職。ニートになりましたが、

「20代で隠居(大原扁理さん)」を心赴くままにenjoy中。

「労働、納税、浪費、結婚が当たり前の【経済奴隷】」に

ならない生き方を模索・実践しています。

下の画像は当ブログのプロフィールに使用しているものです。

左側のネズミになって、”回し車”からトビタテ!自分!

f:id:EPIPHANY:20220412220934j:plain

"I had an epiphany."(気づいちゃった)
借用元↓
【満足な奴隷】「仕事が楽しい」というのは洗脳です - 30歳1000万円でリタイア

 

今後編

現在と将来

今は福岡県(安めの家賃が意外に多い穴場)に住んでいますが、

将来的には物価の安いと言われている「東南アジア」とかに

住んでみたいなという思いもあります。

欲を言えば、日本と移民協定を結んでいる「パラグアイ」が

ベストなんですけど、日本の真裏に行く勇気がまだないのです😭

とりあえずこれからも同様に、

「人生は一度きりなんです、ガッついていこう!」精神で頑張ります!笑

(「ごめんね青春!」第4話 恋の嵐!ガッついていこう! より)

(見たい方→半田🦘 on Twitter: "「人生は一度きりなんです。がっついていこう」… "

 

 

終わりに

ここまで、長々と自分の人生を振り返ってきました。

貴重なお時間を割いて、読んで頂いた皆さん、

どうもありがとうございました!!!

こんな人生を歩んできた自分ですが、

今回のブログで目次を作ったり、画像を張り付けたりと

ブログ技術が絶賛向上中です!楽しい!!

これからも有益な情報を皆さんにお届けすることを

第一に考えて綴っていきますので、

何卒よろしくお願いいたします。

 

それでは、adieu!