資産無しのリタイア生活 in 福岡

~20代男が綴る「現代清貧論」~

第32記事 ★ 「ディスタンクシオン」に疲れた方は、B’zの「イチブトゼンブ」がおススメです!

愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに!

 

ディスタンクシオンとはフランス語で「卓越化」の意味

この記事で「近代は競争舞台になっている」ことを書きました。

偏差値、学歴、収入、所有物などにおいて、

膨大な<追いつき追い越せ>の競争が蔓延っています。

 

今回の記事で参考にした、

社会学の名著「ディスタンクシオン」では

人間は文化的にも闘争していることが書かれています。

 

「自分の趣味が一番卓越化されている!自分の趣味こそ本物だ!」

と思い込みたいのが人間の性みたいです。

現代においても、よく話題となる

「マウンティング」や「ポジショントーク」などは

その欲求を顕著に示す例でしょう。

 

浅田彰は逃走論を書きました。

「こんなに闘争が溢れている世界なんて、

さっさと逃走しようぜ」と

洒落ついでに言いたくなる気持ちはよく分かります。

 

学んだこと2選

学び①本書は自己理解のためのツール

 

今回の記事では、

「構造と力」に引き続き、

帰ってきたロシュフコーさんの解説動画を

参考にしております。

 

この本に対して「社会決定論だ!」という批判があるそうです。

しかし、ロシュフコーさんは、

「この本は自己責任論でも社会決定論でもなく、

自分の人生をより広い視野でより深く考察するためのツール」

として考えられているそうです。

 

さらに続けて、

「自己責任論は、責任の帰属先をただ一個人に着せただけの思考停止であり、

社会決定論は、すべてをその人を取り巻く環境のせいにした思考停止である。」

とも述べられています。

 

私としましては、その意見に納得したので

ロシュフコーさんと同じような立場で考えていきたいと思います。

 

学び②それぞれの階級の特徴

 

著者は各人の好きな趣味を集めると、

階級ごとに特徴が見えてきて、

それを本にまとめたそうです。

 

例えば、支配階級になればなるほど

「クラシック」などの音楽や芸術鑑賞を好むそうです。

 

以下に大まかな階級の特徴を挙げています☟

 

  • 支配階級:自分の経済力や文化資本の多さを持って「俺らこそ正統的なんだ、本物なんだ、特別なんだ」と主張する。
  • 中間階級:常に上の階級へ行こうと見計らうあまり、振る舞いがぎこちない。
  • 庶民階級:卓越化を放棄し開き直る。つまり、「卓越化しないというある種の卓越化」をして、独自の適応戦略を見出す。

 

ただ現代では、

YouTubeクラシック音楽が聴けたり、

ネットで絵画を見たりできます。

誰でも”高尚な”趣味を享受できる良い時代になったと思います!

 

各階級の詳細を示した図は、

この方がすでに公開されていましたので、

ぜひそちらで見て頂けたらと思います!

 

また、一番下に埋め込んだ動画でも、

12分35秒から解説されていますので、

そちらでもどうぞ!

 

考えたこと:闘争から逃走するために

①エネルギーを発散せずに「自分だけの騒動」として処理したい

 

人間は社会的動物と言われますが、

逃走論やディスタンクシオンに触れてみると

「闘争的」動物だなと感じました。

 

個人的には自己満足で終わらすのが、

一番平和的かなと思いました。

自己満足していれば、

他人を蹴落とす必要もないし、

逆に自分を上げる必要もなくなる気がしました。

 

他人を尊重できる社会的動物への第1歩になると思います。

 

②自分が好きならばそれでいい!

 

他人との文化的闘争において、

どうこう言われた時に自分の価値観が揺らぐのであれば、

その程度のもんだと思っています。

 

たとえ批判を受けたとしても

「だけど好き」と思える自分であれば、

それだけで十分じゃないかなと思います。

抗う必要は全くないと思っています。

他人を納得させる姿よりも、

楽しんでいる姿の方が私は素敵に思います。

 

有名な画像ですが、まさにその通りだと思います!
だからこそ、自分がやりたいようにやるのが大切だと思っています!

 

おわりに:愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに!

 

B’zの「イチブトゼンブ」という歌が好きです。

「満足するための奥義」を歌っていると個人的には思います!

リタイア生活を続けていくうえでの応援歌です!

 

サビの部分の最後に歌われる歌詞、

「愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに」(1分19秒など)に毎回痺れます☟

 

www.youtube.com

 

1つの愛しぬけるポイント、それだけでいいんです。

性格的にもあんまり競争や闘争は好きではないですし。

代わりに「共創」と「逃走」を目指していきたいです!笑

 

細々と自己満足の世界に浸りながら、

「自分と同じ考えや共感する人がいないかな」的なノリで

ブログを書いていきたいと思いました!

 

以上です。

ここまで読んで頂きどうもありがとうございました!

 

それでは、adieu!

 

2倍速での視聴がおススメです!☟

 

www.youtube.com